HOME > 「駒場松桜会」概要

「駒場松桜会」概要

 都立駒場高校の前身府立第三高女同窓会(創立明治38年、1905年)は、昭和15年(1940年)に財団法人として設立されました。(「松桜会」の名は、校歌の中の「松」と「桜」に由来します)

 設立以来70余年さまざまな活動を展開してきましたが新制度により、平成24年度から「一般財団法人駒場松桜会」としてスタートし、従来からの会報発行名簿およびホームページの維持管理ほか、駒場高校生徒会への助成や主に同窓生を対象にした、コンサート講演会各種講座、仰光寮での美術展などの事業を実施しております。

 今後はさらに駒場高校の生徒、卒業生、広く都民に生涯学習の機会などを提供していく所存です。

伝統ある同窓会としてこれからも充実した活動ができますよう、引き続きみなさまのご支援ご協力のほど宜しくお願いいたします。

 

 

 校庭の松と桜

松と桜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

100周年祭

祝100周年

 

母校創立100周年、駒場松桜会創設100周年の際は多数の皆様のご寄付を頂き、誠にありがとうございました。

学校への記念品のブロンズ像「鳥の歌」・学校編纂の記念誌「慕いて集える」の発刊支援にと使わせていただきました。

(詳細は会報75号に掲載済)

また現在でも松桜会講座仰光寮誌の刊行、冊子「コチロン」の刊行、仰光寮の整備など多面にわたり使われております。

ここにあらためて御礼申し上げます

 

平成14年・駒場高校創立百周年!                   青い楕円     

 

記念行事

祝賀パーティ、美術展、学園祭での展示参加、

加藤登紀子(K14)と鮫島有美子(K22)の共演の

                    ジョイントコンサート 、コチロン大会

  

 

 平成17年・駒場松桜会創立百周年!

 

楕円

記念行事 

 

総会、仰光寮でのお花見、懇談会、校内ツアー、美術展、

百周年記念コチロン大会

                                                    

このページの先頭へ戻る